妊活を始めることで出来る妊娠しやすい体作り

妊活が必要とされている理由

大学教授が必要だと提唱した「妊活」。その理由は、女性の社会進出で起こる平均結婚年齢の増加にあります。女性は35歳以上からの出産を「高齢出産」と言われます。確かに結婚に年齢制限はありませんが、出産は歳を重ねる事に難しくなります。そのため、「妊活」という言葉が生まれたのです。

妊活で知っておくと勉強になる2つの出産方法

多くの方法で行うことができる自然出産とは

病院によって異なる技法を取ることの出来る自然出産。「水中分娩」や「ラマーズ法」など多くのやり方があります。自然出産の特徴は破水が始まってから陣痛がきます。そのため、ママによっては出産にかかる時間に差が生じます。また、人によっては酷い痛みを伴います。

切開して素早く出産する帝王切開とは

麻酔を利用し、切開して出産する方法を帝王切開と言います。赤ちゃんが逆子だったり、前置胎盤などで自然出産が難しいと判断された際に行う「予定帝王切開」と胎児機能不全などの予期せぬトラブルが起きた際に行う「緊急帝王切開」があります。帝王切開の時間は自然出産よりもうんと短くなります。ただ、一度帝王切開で出産してしまうと、その後の出産も母児の安全の為に帝王切開になるのがほとんどです。

妊活を始めることで出来る妊娠しやすい体作り

妊婦

妊活はいつから始める

妊活とはすなわち妊娠しやすい体を作ることです。すぐに妊娠したい人はもちろんですが、将来結婚して子供が欲しい人も早いうちから妊活をして準備することが大事です。そうすることで、将来の妊娠する時の大きな手助けとなります。

妊活で行っておきたいこと

妊娠しやすい体を作るために何をすればいいのでしょうか。まずは、基礎体温をはかりましょう。体温が低い状態だと妊娠がしにくくなります。そのため、自分の基礎体温を知り、体を冷やさない対策を取ることも妊活の1つとなります。

妊娠しやすいタイミング

妊娠しやすい体を作ることも大切ですが、妊娠しやすいタイミングを知ることも大切です。妊娠には卵子と精子の受精が必要不可欠です。特に、卵子の寿命は短く、24時間とされています。その為、女性は自分の排卵のタイミングをしっかりと把握しておくことも妊活の1つです。

日々の生活習慣が妊活のカギ

妊活を行うことで、妊娠しやすい体作りや妊娠しやすいタイミングを知ることができます。しかし、それは1日、2日で出来ることではありません。日々の生活習慣で意識して行うことで、自分の体を知ることも妊活には大切なことです。そうすることで些細な体の不調を見つけることもでき、将来的にスムーズな妊娠をすることができます。

広告募集中