妊活を行うことで知ることのできる不妊治療の大切さ

診断

無精子症と不妊治療の関係

不妊症で悩んでいる女性は多くいると思います。しかし、そのことで悩んでいるは女性だけではありません。男性の中にも不妊は自分のせいではないのかと悩んでいる人が少なからずいます。それが「無精子症」と呼ばれる症状です。無精子症は症状によっては治療を行う事が出来ます。

妊活は男女ともに行っていきましょう

不妊症が男女ともにあるように、妊活も男女で行っていくことで、双方ともに効果をもたらします。妊活マカと呼ばれるマカを服用する妊活行動は、男女ともに行うことが出来ます。女性なら妊娠しやすい体作り、男性なら活発な精子作りの手助けをしてくれます。

パートナーと共に行う妊活ランキング

no.1

一緒に妊活サプリを飲む

パートナーと共に妊活をするために、一番簡単に出来るのが妊活サプリを飲むことです。サプリメントは短くても3ヶ月以上飲み続けなければなりません。そのため、2人で一緒に飲むことで飲み忘れ防止にも繋がります。

no.2

食生活や生活習慣の改善

生活習慣は妊娠に大きな効果をもたらします。そのため、妊活中は偏った食生活や生活習慣の乱れなどを改善する必要があります。そしてこれは、1人で続けていくには難しいこともあります。パートナーと一緒に頑張れることから二位に選ばれました。

no.3

共に病院で検査を受ける

妊娠できるかどうかを調べるのも妊活の1つです。そして、これはどちらにも当てはまることです。検査を受けることで、そのときの状態も確認することができ、また妊活を頑張ろうという意欲に繋がります。

no.4

不妊症であることをちゃんと話し合う

妊活をしている中で、パートナーにきちんと不妊症であることを伝えることも大切なことです。相手を傷つけてしまうかもしれないと悩んでしまいがちですが、1人で悩むよりも2人で解決策を見つけることが大事なことです。

no.5

相手を思いやる気持ちを忘れずに

これは妊活だけではなく、結婚生活にも当てはまります。妊娠をするためには、1人では決して出来ないことです。そのため、「ありがとう」や「ごめんね」という言葉を伝えるだけでも、信頼を築くことが出来ます。その信頼が妊活にも繋がっていきます。

2人で共に考えることで解決の糸口が見つかる

不妊治療は女性にも男性にも大きな問題です。どちらかが悪いからと考えてしまっては、改善には大きく時間がかかってしまいます。一緒に考えていくことで、改善することもあります。きちんと話をして、赤ちゃんが授かる方法を考えていきましょう。

妊活を始めるならこちらも一緒に見てみよう

女医

ストレスになりやすい不妊治療の疑問を解決しよう

将来妊娠したくて妊活をするも、もし不妊症になったらと悩んでいる女性は少なくありません。そんな時はぜひ産婦人科やレディースクリニックに相談してみましょう。例えば大阪にあるレディースクリニックでは診察に来た人の思いを重視して治療を行ってくれます。

READ MORE
妊婦

妊活を始めることで出来る妊娠しやすい体作り

男性だって「もしかしたら・・・」と悩みを抱いている人もいると思います。そんな時は専門のクリニックなどに相談しましょう。もし無精子症と言われても、対策や治療法を一緒になって考えてくれるはずです。

READ MORE
カウンセリング

妊活マカとは一体どんなものなのかを知ろう

妊活サプリでよく聞く名前が「妊活マカ」という人も多いはずです。マカは女性にも男性にも効果が期待できるものです。しかし、多くを服用することがいいというわけではありません。妊活マカを飲む際には、お医者さんに相談してみるのも1つの手です。

READ MORE
広告募集中